お金の貯蓄と運用の一長一短について

トップページ
お気に入りに追加
  

お金の貯蓄と運用の一長一短について

収入から生活費を差し引いて余ったお金は、自由にすることができます。

それらのお金をどうするかは、人生を大きく左右するとても大事な決断です。

 

その選択肢として考えられるのは貯蓄と運用です。

では、そのどちらが良いのでしょうか?

 

まず、貯蓄の良さは何と言ってもお金に困ったとき助かるという点です。

銀行に預けても大して利子はつきませんから、貯蓄で儲けることは難しいです。

 

しかし、貯蓄をしておけばもしものときにすぐ対応できるメリットがあります。

病気やけがなどの健康トラブル、家電製品が故障したときの買い替え、結婚やお葬式にかかる費用、家を買うときの頭金など、貯蓄をしておくことによってお金が必要になったとき悩むことなくすぐに使うことができます。

 

それはまさに「備えあれば憂いなし」、「転ばぬ先の杖」と言え、人生を必ず助けてくれます。

ただ、お金を大きく増やすには向いていない方法です。

 

次に、運用の良さは、やり方次第でお金を大きく増やすことができるという点です。

株式投資や不動産投資、FXや先物取引など、運用をすることによってさらにお金を増やすことが可能です。

 

これらの運用は、小金持ちから大金持ちへステップアップするために必要なことで、お金が余ったらぜひとも試してみたいことです。

うまくすれば、億万長者の道があるとても魅力あふれる活用方法です。

 

ただ、その分失敗すると一文無しになるどころか借金を背負うハメになることもありますので、リスクがあることだけは覚えておくべきです。

 

つまり、貯蓄にも運用にも一長一短ありますので、どちらが自分に向いているのかよく考えて決めたほうが良いということです。