賢く購入して大きな利益を得ることのできるマンション投資

トップページ
お気に入りに追加
  

賢く購入して大きな利益を得ることのできるマンション投資

マンションの投資の方法は二つあります。一つは、マンションの一室を購入する区分マンションという方法です。もう一つの方法は、マンション全体を購入する一棟マンションという形です。

それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。区分マンションは、通常売りに出されている価格で購入して、それを誰かに貸すことによって家賃収入を得るということを目的に買う人が多いです。

 

一部屋単位で購入するので、ワンルームタイプかファミリータイプなどを選択し、部屋を見学し、購入を決めます。メリットは、一部屋単位なので、管理がしやすいことが大きなメリットです。しかしデメリットは、誰も借りる人がいなかった場合に、収入が望めないということです。利便性に優れているなどのメリットがあればいいのですが、ない場合には、なかなか借り手が付かない場合があります。

 

一棟マンションになると、かなりの資金力がなくては購入できないため、一般人にはとても難しいです。しかしメリットは、マンション全体における世帯数が多いので、もしも借り手が付いた場合、大きな収入になるということです。デメリットは、管理費など維持費の負担が大きいということです。

 

マンション投資の方法には、新築マンションを購入する方法もありますが、中古マンションを購入して、それをリフォームして貸し出す方法があります。中古マンションの場合は、安く購入して、それをリフォーム。もしも利便性などが良ければ、そこに付加価値をつけ、高く賃貸料を取ることもできるので、初めての人には利用しやすいマンション投資です。

 

マンション投資のメリットについて

マンション投資とはマンションを購入しても、自分や家族が居住するのではなく、他人に賃貸してその家賃収入を収益とする投資方法を指します。

 

多額の投資金額が必要となると考えがちですが、マンション投資はマンションの一棟単位で投資することもできますし、一室からの投資も考えられますので、自分の投資できる金額で始められます。それに、住宅ローンを利用しながら投資すれば、それほど大きな金額が初めから必要になることもありません。

 

マンション投資には大きく言えば3つのメリットがあります。

 

一つ目は低金利時代の影響もあり、高利回りが見込めます。ただし、それぞれの物件によって利回りは違ってきますが、物件が都市圏にあるならば、かなりの高利回りが期待できることは間違いありません。その為にも物件の選択には細心の注意を払っ購入する必要があります。

 

二つ目にはマンションの購入ローンが終われば、マンションは財産として残りますし、その時にも家賃収入があるとするならば、利回りはもっと高くなります。家賃収入が年金のような収入になることが考えられます。

 

最後にはマンション投資が節税になることがあることです。マンション投資で得られた収入は不動産所得となりますが、不動産取得のローン返済分やマンション投資によって必要な経費などによって、不動産所得がマイナスになることもあります。そのマイナス分は他の所得と合算することができますので、確定申告によって所得を減らすことによって納税額が減るのです。