電力自由化で安くなる理由と対応地域の注意点

トップページ
お気に入りに追加
  

電力自由化で安くなる理由と対応地域の注意点

電力自由化では、料金は確かに安くなる傾向はあります。なぜなら中間業者が入ってこない仕組みがあるからです。

 

そもそも電気というのは、必ず間に何かの業者が入っていたのです。

まず電力を作っているのは、いわゆる電力会社と呼ばれる所です。そこからご家庭に対して直接電気が伝達されるならば、料金は高くはならない傾向があります。

 

ところが従来の方式では、間に別の業者が入っていたのです。

各地域の電力業者が間に入り込むことにより、送電費用が差し引かれていました。その費用は、少々高い傾向があります。いわゆる中間マージンのようなシステムと考えると、分かりやすいでしょう。

 

ところが電力自由化が行われると、中間マージンがなくなる訳です。あくまでも電力会社から直接的に電気が来ますから、その分の料金がカットされて、最終的には安くなるという仕組みになります。

ですから自由化で、確かに電力は安くできる傾向はあります。ただし電力会社は、よく選ぶべきでしょう。

 

例えば引越しに関する兼ね合いがあります。そもそも電力会社は、一部地域に限定されていることがよくあるのです。

あくまでも地域密着で電力を供給している会社も、たまにあります。

 

そういった会社と契約をしてしまいますと、引越しに対応できない事があるのです。

ですから、できれば日本の幅広い地域をカバーした電力会社と契約をする方が良いでしょう。とかく料金に目が行きがちですが、対応地域も要注意ポイントと言えます。