自信がないなら貯蓄でいい

トップページ
お気に入りに追加
  

自信がないなら貯蓄でいい

yajirusi 貯蓄派 (8票/30人)

 

貯金をうまく運用してお金を増やしている人の話を聞いていると、ただ貯蓄しているだけでは勿体ないような気がしてくると思います。

一年で〇十万増えた」、「十年で倍になった」など、運用して成功を手に入れた人の体験談はとても魅力的ですね。

 

普通の定期預金などで預けているだけでは、利子がつくとはいっても微々たるもの、何年経とうとお金はほとんど増えません。

どうせ使わずにおくお金、それならば「多少リスクがあっても、運用した方がいいのではないか」と考えるのは当たり前のことです。

 

ただ運用といってもいろいろあって、多くプラスを得ることができるものから、利子よりちょっとましという程度のものまでその成果は様々です。

そしてそれなりに利益を出している人は、やはりそれなりの代価を支払っているものです。

 

損をしないように色々と調べて、その時一番安定している方法を模索して、それでも時々マイナスになったりすることに落ち込みながら、成功者は苦労の結果としてお金を手にしています。

 

あれこれ考えるのが面倒だという人は、無理に運用をするべきではないと思います。

貯蓄はただお金を預けておくだけの得のない方法ではなく、何もしなくてもお金を守ってもらえる手段でもあるのです。

 

目に見える利益だけが、メリットではありません。

 

運用するときは完全に人に倣うようなことはせず、自分の頭で考えて、自分の判断に責任をもって取り組んでいくことが大切です。

それが負担だと感じるのならば、安定感のある貯蓄という手段をとっていくというのも選択の一つなのです。