お金は運用よりも貯蓄する方が良い理由

トップページ
お気に入りに追加
  

お金は運用よりも貯蓄する方が良い理由

私自身の体験から、お金は運用するより貯蓄すべきだと考えています。

貯蓄の最大メリットはお金が目減りしない点にあります。

貯めたら貯めた分だけ確実にふえていくのです。

 

一方運用する場合はある一定のリスクが伴います。

確かにお金が大きく増える可能性は否定できないものの、100パーセント安全な運用方法を見つけ出すのは素人には至難の業です。

さらに運悪くお金が減ってしまった場合、その穴埋めをすべく無理を重ねてしまうことも考えられます。

 

その挙句、せっかく貯めたお金をなくしてしまっては元も子もないと思うのです。

スリリングな感覚を楽しめる人であればまだしも、お金が減ったことに一喜一憂してしまう人は運用に向いていないと言えます。

 

今の時代、貯蓄に対する利子に多くを望むことは出来ませんが金利が上がってきたら定期にすることも可能ですし、会社勤めをしている人であれば財形貯蓄をするという考え方もあります。

特筆すべきは貯蓄は非常時の備えとして必要不可欠なものであり、何にも代えがたい安心となる点です。

 

ある日突然会社を解雇されたり、或いは突然病気になったりということは誰にでも起こり得ることです。

そんな時に役立ってくれるのはコツコツ積み上げてきた貯蓄です。

 

また忘れてはならない年金問題もあります。

少子高齢化が進む中、今後支給額が減ることはあっても増えることは先ずあり得ません。

 

自身の老後を支えてくれるという意味でも、運用より貯蓄の方法をとるのは最善だと言えるのです。