» 投資はリスキーですが、楽しめる金額設定が重要です お金は貯蓄するべきか運用するべきか?

投資はリスキーですが、楽しめる金額設定が重要です

トップページ
お気に入りに追加
  

投資はリスキーですが、楽しめる金額設定が重要です

yajirusi 運用派 (5票/30人)

 

近年、投資による市場活性化を目指してNISAなどをはじめとして様々な投資誘発の宣伝が行われています。

これらは初心者であっても投資に挑戦しやすいよう政策として誘導しているわけであり、国としては貯蓄より投資をして欲しいと考えている事になります。

 

また、テレビなどで主婦やOLがスキマ時間に稼ぐというデイトレーダーや、個人投資家の類を頻繁に目にする機会がありますし、いかにも稼げそうな雰囲気を醸し出しています。

 

ですが、報道されるほど稼げる人はごく一部です。

珍しいからこそ報道する価値があるわけであり、誰もが知っていて誰もが稼げるならことさら報道なんてしません。

 

考えてみれば当たり前の話です。

ところが、お金に飢えているとこの当たり前が当たり前だと認識できない症状を露呈するから不思議なものだと言われています。

 

とは言え、こうやって投資系の記事を読まれているという事は、投資をしたいと多少なりともお考えであるからでしょう。

もし上記の事実を踏まえた上で投資をされるのであれば、私は、100万円程度で国内証券の購入をオススメします。

 

よくあるアドバイスに損失を出しても安心できる金額になどといった意見がございますが、これは愚考であると言わせて頂きます。

 

投資というものは、ある程度の資金を投資しなければその喜びも恩恵も感じる事ができませんし、逆に損した時の精神的なダメージを感じる事もできません。

 

100万円という金額は、大体5~20万円程度の差額収益を得る事ができる投資額である為、一般労働者にとって丁度よい金額設定なのです。

(相場を常時放置した場合やスカイマークのような事例は例外になります)

 

国内市場はこのところ上昇傾向にありますし、もし下落するとしても現政権は下落を嫌う傾向がある為、極端な状態になる前に介入を行うものと考えられます。

つまり、比較的安全かつ収益を得やすい環境ではあると言えます。