安眠基準と5年基準を使って、貯蓄するか運用するか考えてみては?

トップページ
お気に入りに追加
  

安眠基準と5年基準を使って、貯蓄するか運用するか考えてみては?

そもそもなぜ出費を切り詰めようと思ったのか、そのきっかけを思い出してみましょう。

 

毎月赤字になっていて生活が苦しかったからでしょうか?

海外旅行に行くためでしょうか?

マンションや家を購入するためでしょうか?

それとも学校に通うためでしょうか?

将来やってみたいビジネスがあって、その開業資金にするためでしょうか?

老後のためにということでしょうか?

 

 

yajirusi 中立派 (17票/30人)

 

あなたの目的ややりたいこと、欲しいものによって、貯蓄を増やすかそれともそのお金を運用に回すかは変わってきます。

 

しかしこれではあまりに一般論すぎるので、具体的な2つの基準をご提案します。

 

まず安眠基準

これは夜、安心して眠ることができる金額だけを運用に回すという基準です。

 

どれだけ株価が落ちようが、連日のようにニュースで会社倒産が報じられようが、仮にあなたのボーナスが減っても、夜は安心して眠ることのできる金額だけを運用に回すと良いでしょう。

 

次に5年基準です。

現金や預金という形で貯蓄をするか、株式や社債などを購入して資産運用をするかの基準は、その余ったお金をあなたがどれだけの期間にわたって、必要としないかによります。

そのお金をどれだけ不必要なものとして放っておけるかです。

 

大まかな目安は5年と考えるのが妥当ではないかと思います。

5年間使わずに済ませられるお金なら運用に回し、5年以内に必要となるであろうお金は現金や預金という形で貯蓄し続けるべきです。

 

なぜならITバブルの崩壊(2003年)やリーマンショック(2008年)というように金融市場の危機は5年以降~の周期で起こる可能性が高いからです。

金融市場が混乱すると、株式や社債の価格は暴落します。

その時に必要なお金を運用に回してしまっていると、運用の継続が困難になってしまうからです。

下手をするとあなたの生活自体が困窮し、最悪の場合、人生も狂ってしまうことになりかねません。

 

まずは、安眠基準と5年基準をクリアしたお金を資産運用に回してみてはいかがでしょうか?